はてなのオフィスでまかないランチたべてきた

はじめまして。弥生の森です。

今日は弥生で森林コンビを結成しているエンジニアの林と一緒に、株式会社はてなさんで名物「まかないランチ」をいただいてきました。

経緯

弊社ではこの度Mackerelを導入することになりました。
Mackerelとは「エンジニアをワクワクさせる直感的サーバー監視サービス」で、はてなブログでお馴染みの株式会社はてなさんがサービス提供されています。
今日はそのMackerelの本番導入前の事前ヒアリングを兼ねて、「まかないランチ」にお誘いいただいたのです。
Mackerel導入のあれこれについては本番導入後に森林コンビの林より記事の投稿があるかと思いますので割愛させていただきまして、今回は名物「まかないランチ」およびはてなさんの素晴らしいオフィスについて紹介していきたいと思います。

オフィス

表参道から徒歩6分、おしゃれな街並みを抜けた先にオフィスはあります。
f:id:morinco25:20170518205802j:plain

木目調の落ち着いた受付。 f:id:morinco25:20170518205549j:plain

通されたミーティングスペースは、オフィス内にあるとは思えないようなおしゃれな和室でした。
奥の壁がひそかにはてなロゴになっている!やっぱりおしゃれ!
f:id:morinco25:20170518212026j:plain

まかないランチ

Mackerelの導入に関しての不明点や要望をお話した後、いよいよお楽しみのまかないランチ! もちろんランチ目当てなどではなくMackerelのお話がメインですが、まかないランチで検索すると大量の記事がヒットするのでかなり楽しみにしていました。

和室のミーティングスペースの横に食堂があります。
テーブルと椅子以外に、テントのくつろぎスペースも。写真では見えづらいですが、右奥のロッキングチェアではおおきなくまさんがお昼寝中でした。
f:id:morinco25:20170518213046j:plain
こんな空間でリフレッシュできたら、お昼からもメキメキと頑張れそうですね。

ランチはセルフサービス。森林コンビの林がもりもりよそっています。 f:id:morinco25:20170518213740j:plain

今日のメニューはグリーンカレーでした。 f:id:morinco25:20170518222529j:plain

お野菜もあってヘルシー。社員の健康にもきっちり配慮されています。 f:id:morinco25:20170518222520j:plain

じゃーん。完成。お箸もはてな箸ですね。 f:id:morinco25:20170518222533j:plain

お味のほうはと言いますと、それはもうめちゃくちゃおいしかったです。
(森林コンビの林は帰り道まで美味しかったと繰り返していたぐらいです。)
ごちそうさまでした。

感想

  • 食堂という交流スペース
    多くの社員が食堂に集まるので、普段交流のない人とも交流がしやすくなります。
    また、集中力が切れた時などのリフレッシュの場にもなります。
    会議室とは別に、こういったラフな交流の場所があるのは素晴らしいなぁと感じました。

  • 無料のランチとお菓子とドリンク
    このまかないランチは、福利厚生の一環としてはてな社員は無料で食べ放題とのこと。
    また、取材や見学の方にもふるまうそうです。
    そのほかに、はてなさんではお菓子食べ放題/ドリンク飲み放題だそうです。
    単純に嬉しいですし、テンションが上がってやる気にも繋がると感じました。

おまけ

今回担当していただいている曽根さんと、記念撮影!
f:id:morinco25:20170518194109j:plain 今日は本当にありがとうございました。
引き続きどうぞよろしくお願いいたします。


冒頭にも書きましたが、近々、林よりMackerel導入に際してのあれこれを紹介させていただければと思います。
お楽しみに!

第2回もくテク ~ 弥生でホットな技術 Vol.1 ~

本当に最近のマイクロソフトには、驚かされてばかりなセキトウ(@relaxteatime)です。

最近のマイクロソフト

先日、アメリカで行われたBuild 2017.
本当に驚きの連続でした。

Azure Database for MySQL/PostgreSQL

今までも、IaaSとして、RHELやUbuntuなどがありましたので、
自分で構築すれば、もちろんAzureでも可能でしたが、
とうとう、RDBのマネージドサービスとして登場したことには歓喜の一言です。
(まだ、プレビューなので、本番運用とまで行かないですが)

【参考】

 弥生も変革期

マイクロソフトには負けてしまいますが、
弥生も、UI/UXを検討し、実装するチームが設立され、 AWSの利用を開始し、課金エンジンにZuoraを活用するなど、少しずつですが、改革が行われています。

そんな改革が行われている弥生の中で、最近ホットな技術を公開するために、
もくテクを約1年ぶりに再開します。

 もくテク

第2回 もくテクを2017/06/29(木)に開催いたします。 まだ、未確定な事が多いですが、

  • (仮)弥生のUI/UXチームからの便り
  • (仮)AWS Lambda, SNS , SQS , DynamoDBで作るメッセージ配信
  • (仮)Azure API ManagementとAWS API Gateway両方使ってみた
  • (仮)はじめてのApache Camel
  • …etc

などを検討中です。

弥生外からもLT枠を、ご用意させていただこうと思っています。
参加募集などは、connpassで行います。
皆様のご参加をお待ちしております。

mokuteku.connpass.com

第3回 もくテク/ 第4回 もくテク

1年ぶりの「もくテク」ですが、
第3回、第4回の開催も引き続き開催いたします。

第3回は、2017/07の月末木曜日
第4回は、2017/08の月末木曜日
に開催予定です。

内容などは、当ブログならびにconnpassで行わせていただきます。

お客さまの声なき声に耳を傾けよう ~弥生流ヒートマップツール「Ptengine」の活用方法~

こんにちは。 弥生のウシオです。

今回は、先日のブログの最後に申し上げた、弥生で実践している面白いヒートマップツールの活用方法についてご紹介したいと思います。


ヒートマップツールのポピュラーな活用方法

先日のブログでもご紹介した通り、ヒートマップツールとはサイト内でのユーザー行動を可視化するためのツールです。

よって、Google Analytics などと組み合わせて 「本番環境」における「お客さま」の行動分析を行い、サイト改善に役立てるのが最も一般的でポピュラーな活用方法です。

弊社でも同様の目的でヒートマップツールを導入したのですが…

「これ、テストの分析にも使えそうだよね」 (by 田中

「??」

このときはまだ、神の啓示の意味を理解できていませんでした。

ああ、愚鈍なる民よ。


ソフトウェアテストの現状と課題

製品/サービスを開発する際、各フェーズにて必ずテストを行い、品質の担保を行うと思います。

テストすべき内容をテストスクリプト化して、その妥当性ついて修正都度レビューを行うなど、漏れや偏りが起こらないように日々努力されているかと思いますが、

「テストスクリプトが膨大になりすぎて、漏れや偏りがレビューで検出できなかった。。」

「コードの修正内容が限定的であったため、関連するテストケースのみを抽出して実施したが、漏れがあった。。。」

「オフショア開発を行っていたが、納品日に品質がボロボロのソフトウェアが届いた。。。。」


など、ご経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

弥生では、品質を最も重要なファクターの1つと位置づけておりますが、極々稀に*1このような状況が発生してしまうことがあります。

発生した場合は当然、再発防止のための策を練るのですが、今までの延長線上の策では飛躍的な改善はなかなか望めません。

何か新しい視点でのチェック方法がないものか…

!!!

f:id:yayoi_ushio:20170419125213j:plain


ソフトウェアテストのチェックツールとしての活用

前にも述べた通り、ヒートマップツールはサイト上でのユーザー行動を可視化することができます。

これは本番環境に限った話ではなく、例えば結合テスト環境や統合テスト環境、はたまた社外の開発・テスト環境にも適用できる話なので、

  • 実施したテストに偏りや漏れがないか

  • テストの実施状況はどうか(そもそも、ホントにちゃんとテストしてるの?

などを、ヒートマップツールで視覚的にチェックすることができちゃうんです!

これはホントにスゴイ!!


実際に活用してみた結果

では、実際にテスト状況を可視化してみて、どうだったのか見ていきましょう。

さてさて、結果は如何に!!

f:id:yayoi_ushio:20170417125513p:plain

f:id:yayoi_ushio:20170417125523p:plain

あ!!

f:id:yayoi_ushio:20170417125533p:plain

通知機能が全然テストされてない!!


「伝えなきゃ・・・みんな騙されてる!!」


使ってよかったヒートマップツール「Ptengine」

前述の画面は今回新設したものなのですが、「ヘッダーは共通部分なのでテスト不要!!」という誤解を生んでしまったようです。

通知機能のテストを改めて行ったところ、見事にバグが1件見つかりました。。

いや、リリース前に気付けて本当に良かった!!


2回に分けて、ヒートマップツールの活用方法やノウハウについて、ご紹介させて頂きました。

他にも弥生では、サービス運用などの場面で様々なツールの活用を行っております。
それらについては、またまとまり次第、順次ブログでご紹介させて頂ければと思っております。

次回ブログ更新をお楽しみに!!

*1:一応、フォントを大きくしておきました。念のため。