キーボードとマウスを使う際のちょっとだけ「面倒」なところを解消してみた話

この記事はMisoca+弥生 Advent Calendar 2019の11日目です。

こんにちは、弥生の寺﨑です。
今回は、私が普段使用しているデバイスをご紹介します。

はじめに

みなさんは普段パソコンで作業をしていて、
「キーボードとマウスを一々持ち替えるのが面倒」
と感じたことはありませんか? 私は何度もあります。

f:id:ym_AdventC:20191210140003j:plain

そんな面倒を避けるためにショートカットキーなどを駆使してみても、
どうしてもマウス操作が必要な場面に遭遇してしまうことは多々あります。
そうして持ち替えるたびにモヤモヤが積み重なっていき、
食事も一日三食分しか喉を通らないほど悩んだ時期もありました。

要するに持ち替えるのは面倒だけど、キーボードもマウスも使いたいんです!
キーボードもマウスも使うけど持ち替えなくて済む方法があればいいんです!

例えばキーボードとマウスが一つになったような素敵なデバイスがあれば……。
だけど、そんな都合のいいデバイスなんて存在するはず……。

と思っていたらありました!

ということでめんどくさがりな私が使用しているキーボード+マウスの紹介です。

KeyMouseとは

f:id:ym_AdventC:20191210181921j:plain

ZZ, inc.が開発したキーボードとマウス一体型のデバイスで、
タイピングポジションを維持したままマウス操作を行えるデバイスです。
私が購入したのは、KeyMouse Alphaというキーボードとマウスの一体型ですが、
他にもトラックボールとの一体型も存在します。

右手用と左手用に分離しており、左右どちらでもマウス操作ができます。
USB接続(有線)と、Bluetooth(無線)の両方に対応しています。

使っていて便利に思うところ

まず、意外と軽いです。公式情報によると、バッテリー内蔵状態で326gだそうです。
使っていて手首に負担を感じることは今のところ全くありません。

f:id:ym_AdventC:20191210182001j:plain

また、省スペース化に成功しました。
現在はマウスとキーボードを置いていた頃の半分ほどのスペースで済んでいます。

f:id:ym_AdventC:20191210182056j:plain

マウスのクリック操作は親指で行う必要があるのですが、
これは元々プライベートでゲーミングマウスを使用していたこともあって、
サイドボタン操作に慣れていたため問題ありませんでした。

そして最後に、狙い通りキーボードとマウスの持ち替え作業を削減できました。
その削減率はなんと100%(!!)です!

活用するまでに時間がかかったところ

とにかく特殊なキー配列に衝撃を受けました。
英語配列のキーボードというだけでもあまり馴染みがないうえに、
Enter、CtrlやTabキーを親指で押下しなければいけません。
また、記号類は二種類のFnキーと合わせて押下する必要があります。

 例:
 &:「Fn Blue」(左手親指で押下)+「S」
 _:「Fn Yellow」(左手小指で押下)+「Shift」(右手小指で押下)+「P」

まるでリズムゲームのようでとても愉快ですね。
これはしばらく使っていたら慣れました。
(入力頻度の低い記号はまだ戸惑いますが……)

(今現在)工夫しているところ

変換リストとマウスカーソルの位置は気を付けるようにしています。

変換リスト上にマウスカーソルがいると、
キー押下による微動でリストの予測変換項目を選択したとみなされてしまい、
そのまま入力を継続すると(当然ですが)選択が確定されてしまうためです。

うっかりすると、以下のような文章が出来上がってしまうこともあります。

 例:
 OK:こんにちは、弥生の寺﨑です。
 NG:こんにちは、弥生のテクノロジーライフ崎です。

お値段

みなさんも気になっているかと思われるお値段について触れておきます。

キーボードとマウスを持ち替える手間を私から解放してくれたKeyMouseですが、
499.00ドルです(2019/12現在、およそ54,000円

ちょっといいキーボードとマウス2台分と考えれば個人的には大満足です!

最後に

キーボードとマウスを使う際のちょっとだけ「面倒」なところを解消したくて使い始めましたが、私は半年ほど使用してみてとても気に入っています。

新しいデバイスの購入を検討されている方がいらっしゃいましたら、
こんなデバイスもあるんだなという参考になれば幸いです。


Misoca+弥生 Advent Calendar 2019の12日目は、mizukmbさんです。
お楽しみに!

スクショに赤枠を付けるツールを作って手動テストの手間を軽減した

はじめに

この記事は Misoca+弥生 Advent Calendar 2019 の10日目エントリーです。

こんにちは、弥生の竹山です。
弥生会計 の開発を担当しています。今年は軽減税率に対応した 弥生会計20 を無事リリースできました! この記事では、今までの開発で手動テストに対して取り組んだことについて紹介します。

背景

弥生の開発プロセスは非常にしっかりしていて、テストの自動化にも積極的に取り組んでいますが、一方で様々な理由から手動テストの作業も存在しています。

弥生のテスト工程では、作業の証明と検証のために「エビデンスでテスト」しています。手順に沿って操作してスクリーンショットを取り、スクリーンショットの確認箇所に赤枠を付けながらテストしていきます。

2018年の中途入社時、この作業を基本的にペイントで行っていて、素早いペイントさばきで期日を守っていると知り、「これは自分には難しい・・・」と、ツールを作ることにしました。

作ったツール

作ったツールは、フォルダ内の画像を一覧表示して、赤枠を付けたりファイル名を連番で付けたりできるものです。 WPFで、フレームワークとしてPrismを使用しています。

f:id:ym_AdventC:20191209101959p:plain
エビデンスツールの概観

こんな風に作った

まずは最低限の以下の機能を作り、目下の手動テストを楽にできました。

  • フォルダ内の画像を一覧表示
  • マウスで赤枠を描画
  • マウスホイールや上下キーで画像を前後切り替え

そして、面白くなって延々と作りこんでいき、みんなに使ってもらうことにしました。

フィードバックへの対応

使ってもらったところ、予想外に様々なフィードバックがありました。細かな改善を順次重ねたのですが、特に以下のような反省がありました。

1: 元に戻す機能が欲しい

作成当初は割り切って機能を搭載していませんでした。ですが、その後すぐに欲しいと言われました。 自分でも使ってみると欲しくなる機能でした。

→元に戻す機能は先に想定しておく
本格的に使うと欲しくなります。結局実装したのですが、最初に元に戻すことを考えていなかったので、ビットマップで途中経過を保持することになり、メモリーの消費が大きくなりました。仕組みの面でも早めの検討が大事です。

2: アプリケーションが落ちる

ファイル操作関係の例外処理の不備でしたが、ログを出力していなかったため確認に手間がかかってしまいました。

→ログ出力を先に作る
最初はログ出力のことはあまり考えていませんでした。しかし、小さなツールでも、規模が大きくなったり、他部署など直接のサポートができないユーザーが生まれる可能性がありました。他人に使ってもらうなら、ログ出力を実装すべきでした。

3: 描画時、マウスカーソルを十字にしてほしい

小さな要望なのですが、印象に残っています。カーソルはすべて矢印のままでしたが、一般的なソフトでは描画時のマウスカーソルは十字型でした。

→UIのセオリーは守る
セオリーを外れつつも、矢印カーソルでもマウス描画はできると思っていましたが、些細な動作の違いが、ユーザーにとってのわかりやすさを左右すると気づきました。

まとめ

業務改善ツールを作ることはとても楽しいことです。業務改善するだけでなく、既存コードのメンテナンスでは味わえない、0から作る楽しさを味わうことができます。作れば周囲から感想が返ってきて、励みになります。
良いことばかりですので、皆様も身近な業務を改善するツールを作ってみてはいかがでしょうか?

もくテクのご案内

これまでの消費税軽減税率対応で苦労した点について、12/19(木)、弥生の技術イベント「もくテク」でLTします! 税務ソフトの開発特有の面白さもお伝えしたいと思っています。ぜひ秋葉原UDXへお越しください! mokuteku.connpass.com

Misoca+弥生 Advent Calendar 2019 明日の担当は、ykk_terasaki さんです。 お楽しみに!!

エンジニアの1on1レポート

この記事は、Misoca+弥生 Advent Calendar 2019の9日目の記事です。

はじめまして、弥生の後藤です。
SMARTという、銀行の明細や領収書・レシートなどを仕訳データに変換する機能を開発するチームのエンジニアをやっています。

突然ですが、私の所属している開発本部での取り組みの1つにリーダーとメンバーの1対1の面談である「1on1」があります。
1on1、実際どうなの?どんなことをやってるの?というところを私(エンジニア、チームメンバー)目線からざっくり紹介できたらなと思います。

1on1とは(弥生での基本的な進め方)

設定した目標や各自の達成したいことの支援の一環として、

  • リーダーからテーマは特に指定せず、メンバーが話したいことを話す
  • 内省を促すための1つの手段
  • コミュニケーションの活性化
  • 開催頻度は最低でも週に1回。毎回15分~30分ほど

で実施しており、基本的には以下の内容で毎週1on1を行います。

  • 1週間で経験したこと、そこから学んだことをリーダーに共有する
  • リーダーに壁打ちの相手になってもらいつつ、ふりかえりを行い次のアクションを決める

雰囲気

実施場所ですが、社内の「ヤヨイドオリ」と呼ばれる場所で行っています。

「ヤヨイドオリ」は写真のような感じのミーティングスペースです。 オフィスの窓側にフリースペースが並んでいて、誰でも自由に使用できるようになっています。

f:id:ym_AdventC:20191206142208p:plain

会議室のような個室で行うよりも開放的なぶん、話が弾みやすいです。

1on1でやったこと

初回

まず、これから毎週1on1でやるテーマを決めました。
基礎に不安があるので、オブジェクト指向やクラス設計などをイチから見ていただくことになりました。

2回目以降

宿題としてやってきた課題を見ていただく

フィードバックをいただく

次回の宿題を決める

次回までに宿題をやる

・・・という流れで進めていきました。

宿題は、1on1の面談の時間とは別に、毎日少しずつ進めました。
※もちろん、業務が最優先です!

今はクラス設計の勉強を主な目的として、簡単な自作アプリを作っています。

やってみてどうだったか

成果物に対してフィードバックがもらえる

人に見てもらうことで成果物に対してフィードバックがもらえるので、1人で勉強するよりも効果的です。非常にありがたいです。

自分の考え方や普段の行動の良くない点に気づける

クラス設計やプログラミングについてはもちろんのこと、自分の普段の行動だったり考え方の良くない点についても指摘をいただくことができ、気づきを得ることができました。(1on1の目的どおりですね!)

また、普段の業務でも成果物をレビューしていただき毎回良くなかったところのアドバイスをいただいているのですが、業務中ではなかなか自分だけのためには時間をとっていただきにくいことも。
1on1では私と話すために時間をとっていただいているので、普段よりも質問しやすいです。

コミュニケーションが取りやすくなる

1on1を実施する前と比べてリーダーと話しやすくなり、普段の仕事中もコミュニケーションが取りやすくなった気がしています。
結構、この点も1on1をやる大きなメリットではないか、と感じました。

継続するために

業務が忙しくなるとスキップせざるを得ないことも出てくるかと思いますが、 スキップが重なるとなし崩し的に実施しなくなるので、リスケにしています。

まとめ

駆け足でまとめてしまいましたが、1on1おすすめです。
今後は、この半年で学んだことを業務にいかしていくとともに、学んだことを私の中だけで閉じておくのはもったいないので、どこかで展開できたらなと考えています。

次回 アドベントカレンダー予告

次回のMisoca+弥生 Advent Calendar 2019はhiroaki_takeyamaさんです。